キーワード
尿道がん ラブラドールな犬ブログ
FC2ブログ



| Home |
尿道がん


今日、日本獣医生命学科大学付属動物医療センターに行って来ました。

あいにくの雪が降り出しましたが、ワン友さんのエレナちゃんパパが、連れて行ってくれたので、スタットレスタイヤ履いてるから、安心でした。

東京の西方面、武蔵野市の武蔵境駅にあるので、朝、6時半にうちを出発して、8時ぐらいに到着。

8時45分の受付は一番だったけど、診察は10時ごろに終わり、ラブちゃんはそれから、お昼頃まで、いろいろな検査をやりました。


我々は検査が終わったら、連絡をくれるとのことで、早めのお昼ご飯を食べに、外出。

みーたんママは悪性腫瘍じゃないことを祈るけど、半分は覚悟してました。

かかりつけの先生が、内診で腫瘍を見つけて、これは、悪性っぽいということだったので、たぶんそうだろうなぁ…と。


お昼ご飯が終わって、病院に戻って、混んでいて、たくさんいた、わんにゃんはいなくなり、どうしたもんだか、心配していたら、呼ばれました。

大学の研修医から、腫瘍内科の担当医に変わり、検査結果を聞くと、悪性の腫瘍…がんです、と…。

あーやっぱり…。

しかも、悪性度の高いがんで、転移の可能性が高いとのこと。

病名は尿道がんとなりました。


それで、他に転移はないかどうか、レントゲンやエコー検査、血液検査など、さすが大学病院だと思うほど、詳しい検査をしてくれました。

きっと、転移してるんだなと悪い方に考えていたけど、転移はどこも、見られず、大丈夫でした。

でも、脳のCTはやっていないので、不明だけど…。

血液検査の結果も、非常に良いとのこと。

みーたんママは少し安心しました。


そして、治療法ですが、腫瘍を摘出手術するとしたら、膀胱すべてと、膣の一部を摘出して、腎臓から尿路を作るといった、大手術。

でも、年齢的にリスクが高いし、その割には、完治せず、結局転移して亡くなるケースが、少なくないそうです。

よって、あまりお勧めできないと言われました。

あとは、がんといえば、抗がん剤治療や放射線治療。

でも、抗がん剤治療はリスクとして、副作用や死亡。

放射線治療は高額。

もし、がん細胞が、膀胱がんに近ければ、炎症剤がリスクが少なく、効果があるらしい。

がん細胞の詳細は改めて、病理検査をすれば、はっきりするので、今後やる予定です。


この腫瘍の最大の難点は、時間が経過すると、尿道を塞いで、尿が出せなくなることです。

尿が全然、出なければ、尿毒症になり、確実に死亡。

とにかく、急がなくてはならないのは、尿路を確保することです。

それで、尿管にステントか、カテーテルを入れる必要があるとのこと。

ステントは高額だけど、しっかりと尿路が確保できる。

しかし、どちらでも、尿が垂れ流しになる可能性があるため、オムツになりそう。


今でも、尿が出づらそうで、長くしゃがんでいるので、尿毒症が心配だけど、ちゃんと尿は出ているみたいで、腎臓の検査は問題なし。

ある意味、早期発見で、よかったです。

これまた、みーたんママは一安心。

しかし、いつ、尿道が塞がってしまうか、わからないし、転移だって、どうなるか、わからない。

ゆっくりはしていられないのだ。

みーたんママ、どうする⁉️


そんな時に力になってくれる、サプリメントの会社の相談員。

すでに、知り合いの名医に状況を説明してくれていて、今日、さっそく、結果を報告。

サードオピニオンが、動き始めた。

その知り合いの名医がいる、腫瘍専門の動物病院で、診てもらうことになると思うので、その結果、決断するつもりです。

今は、明日にはある、名医からの返事待ち。


今はまだ、ラブちゃんは普通に元気なので、無期限の余命宣告をされたとは、みーたんママは信じられない…。

ラブちゃん、ラブちゃんの生命力を信じて、がんと闘い、少しでも、長生きできるように、一緒に頑張ろうね。

できるだけのことは、やってあげたいと思う、みーたんママ。

がんと、真っ向から闘うラブちゃん。

どうか、応援をよろしくお願いします。




P1003891_convert_20121111121752_20121111124703s_convert_20121230174112.jpg
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドール ランキング アウトポイントへ/←「にほんブログ村↑犬ブログ」ランキング参加中!
応援クリックが更新の励み・・・ポチっとよろしくお願いします犬そして、今日もありがとうございました絵文字名を入力してください










スポンサーサイト

動物病院TB(0) | CM(6) | top↑
<<ラブちゃん緊急入退院 | Home | 4回目の腫瘍が発覚>>
comments
永い一日 ご苦労様でした。

みーたんさんもラブちゃんも頑張りましたね!! 
判断が難しく厳しい病気になってしまいましたが ここが正念場だと思って頑張ってください。

りんごも肛門に腫瘍が出来て一日に何度も
不潔にならないように洗ってあげました。
辛い日々でしたが人と犬の垣根を乗り越えて過した貴重な時間でした。

人参・ブロッコリー・キノコ類など食べられるようなら混ぜてみてください。

【2018/01/22 20:26】URL | あやっち #-[ EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2018/01/23 16:08】 | #[ EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2018/01/23 22:04】 | #[ EDIT]
Re: タイトルなし
★あやっちさんへ★

ラブちゃんは検査で、いろいろ身体に負担があっても、痛がったり、嫌がったりしなくて、いい子にしているとのことです。
ほんと、厄介なところに腫瘍ができてしまいました。
その腫瘍が大きくなって、尿道の出口をふさいで、おしっこが出なくなっちゃうのかと思うと、怖くなります。
そうやって、近い将来的のことをいろいろ考えると、胸が痛くなっちゃうので、今を大事に生きるしかないですよね。
りんごちゃん、腫瘍もできていたんだ。
あやっちさんも闘病生活大変でしたね。
【2018/02/09 17:19】URL | ★あやっちさんへ #-[ EDIT]
Re: タイトルなし
★きんときさんへ★

メールありがとうございました。
いつも気にかけてくれて、感謝します。
ラブちゃんは変わらず元気なので、ガンに侵されているとは、思えないのです。
なので、きっと前向きになれるんだと思います。
でもこの頃は、近い将来的のことを考えると、胸が痛くなっちゃうので、今はとにかく大事に生きるしかないですよね。
あとは、せっかく早期発見だったのに、検査ばかりで、治療がなかなか始まらないから、焦ってます。
このまま、なんだかんだ、3年ぐらい生きてくれないかなと思ってしまいます。
【2018/02/09 17:28】URL | ★きんときさんへ #-[ EDIT]
Re: タイトルなし
★バーディママさんへ★

ラブちゃんは具合悪いところは全然なくて、普通なのに、検査ばかりで可愛そう…。
でも、これも時間の問題かなと、思うと、辛くなります。
早く治療法が決まるといいなと思うばかりで、やきもき。
元気なうちに、また温泉旅行に行く予定にしてますが、治療が始まると行けないかもね。


【2018/02/09 17:35】URL | ★バーディママさんへ #-[ EDIT]
please comment














Only Admin
trackback
TRACKBACK URL
http://labradorlove.blog47.fc2.com/tb.php/820-797e961d
| Home |
プロフィール

mi~tan

Author:mi~tan
姉のラブちゃんと弟のジャックんは埼玉県春日部市でみーたんママと暮らしていましたが、ジャックんが突然死。今は保護した子猫のグレックんが新しい弟になりました。どうかよろしくお願いします。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
mixilogo_01_w088h031-.jpg にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
Designed by vanilla

Copyright ©ラブラドールな犬ブログ All Rights Reserved.